• Class of 2010 Logo
  • Home
  • Login

卒業生年

応用科学
芸術と科学
生物学
コマース
コンピューティング
教育
グローバル開発
法律

看護
政治学

あなたのために

Give because of you あなたのために与える

Graduate 大学院

寿命のために同窓会
私は知っていたウィッシュ
関与滞在
同窓会の語彙
よくある質問
レユニオン2016

2010年のクラスが変化を起こす

古物商も見極めるために美術や、工芸、デザインの知識は必須の応用科学

応用科学の世界は意外と広く、美術、工芸、デザイン、舞台芸術、写真、映画学、軍事学、工学、コンピューティング、建築学、交通科学、農学、医学、歯学、薬学などその幅は広いようです。 当然古物商の見識眼も応用科学に長じていないと成り立たないのではないかと考えられるわけです。 このものに価値があるかどうか、それを見極めるためには美術や、工芸、デザインの知識は必須ですね。 リサイクル品についてもコンピュータやその関連品を扱おうとしたら、当然コンピューティング分野の知識は必要になるでしょう。 いまや、政府や国際的な要求によりいまやリサイクルは当たり前になりました。 そのリサイクルを支えるのがリサイクル化学分野のようです。 資源物質循環型社会を形成するためには、主に廃プラスチックという有機材料と無機材料を化学的にリサイクルする研究が重要になります。 以前は簡単に破棄されていたプラスチックの中にはかなり貴重な資源が含まれていることも珍しくないようです。 リサイクル業者は化学分野の古物商と言えるのかもしれませんね。 将来の古物商許可には、化学の分野の知識が求められるようになるかもしれませんね。 些か言いすぎのきらいはありますが、多少なりとも破棄されるものの中にそのような貴重な資源が含まれるかどうかが判断できる、コンピューティングされた仕組みなどは有効なのかもしれませんね。 メーカーが責任を持ってその資源の有無を、なんらかの方法で記録していれば、古物商の方々も、買取や売却の際にも説明ができるようになるわけです。

 

これからの大学院は合併や買収(M&A)が盛ん

これからの大学院のとっては多くの企業と同じく合併や買収(M&A)が盛んになるのでしょうか。 少子化による大学院生の激減を予測する方向と、対象となる学問の多様化、日本で学ぶ外国人の増加、あるいは熟年層対象のいわゆる「社会人コース」の創設などの相反する方向性を鑑みますと、従来の大学院のあり方が大きく変わるのではないかと考えられるわけです。 生物学の中に化学が入ってきたり、薬学の中に生物学が入ってきたり、生物学そのものがグローバル開発商業で企画商品化される過程で必須の学問になってくる可能性もあるわけです。 すでに大学は法人化が進んでいますので今後はA大学のC学部と、B大学のD学部のM&Aは大いに可能性が想定されるわけです。 そのような際にどのような課題があるのでしょうか。 企業のM&Aには当然ですが企業価値の算定が行われます。 大学院にとってもそれは実施されるわけでしょうから、経営者たる教授さんたちにとっても戦々恐々と、まさに直近の課題となるわけです。 大学院の「企業価値」はどうやって算定するのでしょうか? 論文の数?論文の質(評価)、出身学生の就職先?合格の難易度? 企業価値を算定する側にとってもその指標を定めるのは至難かもしれませんね。 忘れてわいけないのは社員、つまり教員、そして学生たちの処遇でしょうね。合併後の存続会社たる、存続大学院が気に入らないから、早期退職ならぬ早期退学する人も出てくるのでしょうか。 当事者の方々のご苦労を思うと大変恐縮ですが、とても関心が高まりますね。

 

応用科学を研究する大学院と医療法人設立の関係

応用科学を研究する大学院と医療法人設立にはどのような関係があるのでしょうか。 まずは、学生を育成するための大学を設立することから始まるのでしょうか。医療法人設立の前に医師を育成するところから始めるのが通例でしょうか。 医師が育つにつれ、医療法人つまり病院等の設立準備が整うわけですね。 実際にまず学校法人を設立し大学を開校、修士課程や博士課程を次々に開設し、学校法人開校からほぼ10数年後にこの学校法人付属の大学病院、つまり医療法人を開設する、という形で医療法人設立につながった例もあるようです。。 看護の観点からも将来の看護士育成に、このながれを利用する学校法人は増えるのかもしれませんね。 まず看護学校となる学校法人を設立し、医療法人を新設するか、または既設の医療法人に送り込んでいく。 そういえば身の回りにも、大きな大学病院の横に、看護学校があって、看護師の卵たちが、入院患者のお世話をする姿も珍しくないですね。 また、応用科学分野といえば医学の他に、歯学や薬学も該当します。 街を歩いてみて意外に多いのが歯医者さんと薬局ですね。 歯医者さんは、歯科診療所に該当し立派な医療法人ですね。 その他では、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、なども医療法人に該当するようです。 最近は薬局の数が増えているようですね。 ドラッグストアの奥などに薬局を併設しているところもあるようです。 これらも医療法人に該当するようですね。 また介護の分野で、居宅サービス事業、居宅介護支援事業、介護予防サービス事業なども医療法人のようですね。

 

大学院が一般社団法人を設立するのは難しい

これからの大学院が一般財団法人設立となることがあるのでしょうか。 昔の国立大学は2003年に制定された「国立大学法人法」により、「我が国の高等教育及び学術水準の向上と均衡ある発展」をはかるために、国立大学を設置する国立大学法人に組織運営や大学共同利用機関の設置を求め、大学共同利用機関法人としての組織運営についても定めた、とされている。 ここでいう「国立大学法人」とは、独立行政法人の性格が強いものとされているようです。 国立大学が法人化されると聞くと、研究や大学の運営に自由度が増すのかなと考えられますが、実際にはそうではなく政府の統制は法人化以前に比べはるかに強化されていると言う方が正しいようです。 働く教職員たちは法人化により公務員ではなくなるわけですから、各国立大学法人が独自に就業規則を決めて、就労することになるわけです。 経営が悪化すると退職勧告などもあるのでしょうか? 大学で働く方々にとっては法人化はありがた迷惑なのかもしれませんね。 研究テーマを創出する力のある教授さんたちにとっては研究資金の集め方は法人化以前と比べやりやすくなっているのでしょうか? 寄付を募ることなども自由に行えるそうですから、「やり手」の教授さんにとっては好都合なのかもしれませんね。 いずれにしても大学院が一般社団法人

 

コンピューティングの分野では軽貨物運送業の出番はなくなるのか

応用科学の分野で縁のある仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。 応用科学の分野には、医学(歯学)、薬学、性科学、農学(林学、畜産学、水産学)、工学(物理学、化学、数学)、軍事学などがあるようです。 ドラッグストアのようなところでは、薬の輸送なども行われていることですから、軽貨物運送業との縁はあるわけです。 農学や水産学も、ものの運搬を伴うでしょうから、同様に軽貨物との縁はありますね。 一方、コンピューティングなどを行う情報処理の世界ではどうでしょうか。 電子メールが発展し、相当の大きさのデータを瞬時に相手に送ることができるようになりましたし、クラウドサービスなどを利用すれば相手がいなくても特定の場所に一旦入れておき、相手の都合の良い時に引き渡すこともできるわけです。 紙の書類も電子化すれば、ネットで送ることができるようになるわけです。 そうなるとコンピューティングの分野では軽貨物運送業の出番はなくなるのでしょうか。 コンピューティングの業務には成果物と相反し、プリンター用紙やインクなどの小物類を多量に消費します。 やはり軽貨物運送業は、頼りになるわけですね。 昨今、ネットでの薬の販売が認められ、クリックひとつで自宅に薬が届くようになりました。 従来ですと病院内の薬局や、病院付近の薬局に薬を届ける役割は、各製薬会社の販売代理店が行うことだったのかもしれません。 ネットでの薬の販売となりますと届けるのは宅配便業者、つまり軽貨物運送業の出番なのかもしれませんね。 ネットが発達すればするほど実は軽貨物運送業の役割は増えるのかもしれませんね。

 

お薬手帳は、お薬たちにとってのパスポートなのかもしれません

どんな人でも、自国を出国し外国に入国する際には、国籍を表す証票としてパスポートの携行が求められます。 どこの誰だかわかるものをちゃんと持っていなければ、見知らぬところに行っても、だれも許してくれませんよ、と言う意味ですね。 パスポートを偽造したり、こそっと裏門から入国したり、それは当然違法になるわけです。 さて人体に外から入ってくる、お薬たちにはパスポートはあるのでしょうか。人体内部にいろんな薬たちが侵入し互いにいがみ合って、争いが起きては困りますよね。 そこで思い出すのは、最近薬局で薬を受け取る際に薬剤師の方に「お薬手帳はお持ちですか?」と声をかけられることです。 薬を受け取るためには、他にどんな薬を服用しているか、それを証明する「お薬手帳」がその役割を果たすわけです。 お薬手帳は、お薬たちにとってのパスポートなのかもしれませんね。 そうやって考えてみると、薬局の薬剤師の方々が、入国審査官に見えてくるから不思議です。 従来は、いろんなところでもらったいろんな薬たちが、それこそ「お薬手帳という」パスポート申請なしに大挙して人体に侵入することを見て見ぬ振りをしてきたわけですが、それによって不法入国者たる薬たちがその副作用で互いに干渉しあい人体によからぬ影響を与えてきたわけです。 そこで、人体に侵入しようとする薬たちのメンバーと入国時期を正確に把握し、不法入国者たちの副作用を未然に防ぎましょうという狙いで、「お薬手帳」の普及が求められてきたわけです。 お薬手帳は本物のパスポートと違って、期限切れはありませんし、パスポート申請にお役所まで行く必要はありませんので、気が楽ですね。

 

生物学の世界では人体内部の利用貨物運送事業といったところ

応用科学のなかで、生物学の世界ではタンパク質の運び屋としてのタンパク質の存在が知られるようになりました。 ある細胞から物質を預かって、人体内部を動き回り、目的の細胞に届けるわけですから、人体内部の利用貨物運送事業といったところでしょうか。 利用貨物運送事業とは、「荷主より荷物を預かり自社以外の輸送業者に荷物の搬送を委ねて貨物の運送を行う事業」とされています。 つまり自らで、受け取った荷物を客先まで届けるのではなく、自社以外の業者に、航空機や船、トラックなどで運送を委ね、客先に届けることになります。 さて、タンパク質の運び屋ですが、細胞内にはいろんな小さな器官があり、その器官の活動は必要な物質が間違いなく運ばれることで維持されます。 物質を提供する側の細胞のところまで正確に行って、物質を預かり血管等のいわゆるハイウェイを利用して、物質を求める細胞にお届けするわけですから、その物質がきちんと運搬されないと、求めている細胞は死滅する可能性もあるわけです。 運び屋としてのタンパク質の役割である、細胞間での「荷物の」正確な運搬はちょっと大げさに言いますと、生死に関わる大問題でもあるわけです。 薬の開発に視点を変えてみますと、まさにグローバル開発商業の世界のようです。 馴染みのある大手薬品会社でも一社で研究開発するのではなく、グローバルパートナーとの水平連携により、化合物や成果を共有する形が今後進んでいくようです。 となれば、やはり世界をまたにかけるような空運業者の出番ですね。 利用運送がアジアとヨーロッパを行き来しながら薬の開発が進展してゆく、ちょっと意外な世界ですね。

 

応用科学の分野には土木工学も含まれディーラーナンバーで回送運行

ディーラーナンバー(デラバン)とは、「白地で外枠が赤い」ナンバープレートのことで、回送運行許可申請のことをディーラーナンバー申請と言います。回送運行許可とは、一般のナンバープレートが付与されていない自動車、つまり所有者が未定の自動車を、公道を回送する許可ということになります。 ディーラーナンバーは地方運輸局長の許可を得ます。 自動車を販売したり、製作したり、陸送する事業を行う方が一度の許可で複数の自動車に使用することができます。 そのような仕事をする方にとっては、必須のアイテムとも言えるわけです。 応用科学の分野には、インフラなどを建設する土木工学も含まれますが、公共工事を受注した際には、まず仮の名称が付きます。 橋や、トンネルや、ダムには最初から正式名称は付いていないことがほとんどです。 つまりディーラーナンバー(デラバン)で、回送運行ならぬ、建設をし続けるわけです。 建設物が出来上がる頃には、周辺の市民の方の意見や、鉄道を経営する会社が公募するような形でようやく正式名称が決まります。 つまり所有者が決まり、唯一固有の「ナンバープレート」が付与されるわけです。 デラバン、いわゆる仮の工事名称は、工事中はその工事名称で発注者も請負者もわかるわけです。 仮の工事名称には一定の規則を持たせることも多いようです。 下水工事によくあるのは西部1号とか、東部2号とかですね。 加えてその1工事、その2工事とかですね。 出来上がった橋の名称に、1号とかその1とかついていたら、ちょっと寂しいですよね。 やっぱりその土地固有のナンバー、名称が嬉しいですね。

 

クイーンズ大学2010